長野にお住まいの、赤ちゃんや小さいお子さんのママさん、パパさんへ

ある統計によると、赤ちゃんのいる家庭では実に7割以上が梅雨時の洗濯物に問題を抱えています。今回は小さいお子さんをお持ちのご家庭向けに情報をお届けです。

新陳代謝が旺盛で、活発に活動する元気な赤ちゃんにはできるだけこまめな着替えをさせてあげたいものです。

でも梅雨時はお日様の出る時間も限られているし、部屋干しではしっかり乾かず、湿った状態が長く続くと臭いの原因になってしまします。

臭いの原因は雑菌です。一度雑菌が繁殖して臭いがついてしまった衣料は洗い直してもまた同じように臭います。

一般に臭いのもとになる雑菌を死滅させるには洗濯用漂白剤が有効です。最近では様々な商品が店頭で販売されていますので、これらをうまく利用すれば、ある程度臭いを防ぐことが可能です。

だけど、お洗濯のたびに毎回赤ちゃんの肌着やタオルを洗濯用漂白剤につけるなんて・・・。

私店長、ママさんパパさんの気持ち、わかります。

なんとなく抵抗感、感じますよね。同じような悩みも耳にします。

できればデリケートな肌の赤ちゃんの衣類には薬品はあまり使いたくない、大切に大切に育てているのだから・・・。

欧米では赤ちゃんの衣類を煮沸消毒するのが一般的です。素材が木綿や麻の場合は煮沸消毒が可能です。また、その他の素材はお風呂のお湯よりも若干熱めのお湯に30分程度の浸け置きがオススメです。(この場合、お風呂の残り湯には雑菌が繁殖していますので避けたほうが無難です。)これで漂白剤を使わなくとも臭いを抑えることができます。

前述しましたが、長時間湿ったままの洗濯物も、雑菌が繁殖して臭いが発生しがちです。なるべく短時間で乾くように工夫しましょう。部屋干しでは除湿機やエアコンの除湿機能で乾燥させるのが一般的ですが、その際、扇風機やサーキュレーターを併用します。洗濯物に気流があたるようにするのが早く乾わかすコツです。

うーん。赤ちゃんの洗濯物、手間ひまかかって大変ですね。お察しします。

そこで!!です。
がんばるママさん、パパさん。コインランドリーマンマチャオを試してみませんか?

1.マンマチャオの洗濯機は最高62℃のお湯でお洗濯します。

2.活性水に有機洗剤、天然由来の柔軟剤を自動投入する優しいエコランドリーです。

3.ダニ、雑菌も除去する最高78℃の強風で、短時間(30分)で乾燥できるガス式乾燥機がオススメです。

手軽に、清潔にお洗濯できます。
何よりも大切な赤ちゃんのお世話もストレスを溜めないことが大切です。大型コインランドリーマンマチャオで快適にお洗濯を済ませてみては。24時間営業でお待ちしています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です